作業者

コウモリ駆除は業者に依頼|コウモリの習性を逆手に取った方法

死を招く感染病を持つ害獣

困る女性

コウモリの生態や知識を身に付けて被害を減らしていきましょう。日本に生息する多くのコウモリは単発情周期型といわれています。単発情周期というものは、年に一度発情期を迎え、繁殖をします。秋ごろに繁殖時期を迎えるので、コウモリ駆除をするのは秋より前の時期が良いといえます。暖かい地域に生息しているものは年に数回発情期を迎えるので、できるだけ早くコウモリ駆除をしたほうが良いでしょう。コウモリ駆除をせずに放置しておくと様々な被害が出ます。屋根裏に巣を作り行動拠点にするコウモリが多く、屋根裏で糞や尿をします。それにより天井が腐ってしまったり、異臭による被害が出てしまったりします。酷い状態になると天井が腐って抜け落ちるということもあるので、怪我をしてしまう恐れがあります。天井にシミができている場合や、異臭がし始めたらコウモリの巣になっている可能性があります。コウモリ駆除業者に依頼をして、確かめてもらいましょう。長い間コウモリが生息してしまうと糞尿以外の被害も出ます。コウモリについているダニやノミが家の中に侵入してきてアレルギーを引き起こすのです。コウモリの被害で最も恐いものは狂犬病です。犬から人に感染する感染病ですが、近年ではコウモリから人に感染することもわかってきました。狂犬病にかかってしまうと治療法はなく、死を待つのみといわれるほど恐ろしい病気です。そんな恐い病原体を持っているコウモリとひとつ屋根の下で暮らすのは不安でしょう。早めにコウモリ駆除をしましょう。